FC2ブログ

人生の不安を吹き飛ばす言葉です。

          <今日下宿おかず>

             餅いり豚すきやき
             大根のザーサイ炒め煮

  20150226おかず4

   豚肉を油で炒め、砂糖、みりん、酒、醤油を入れます。

   これに、豆腐、白菜、ねぎを入れ煮込みます。

   最後にもちも入れて出来上がり。


  20150226おかず5

   大根を太目の短冊に切って、人参、エリンギも短冊に切ります。

   ベーコンを炒め、順次野菜を炒め、酒、水、中華だし、オイスターソースで

   蒸し煮します。

   ザーサイも混ぜて味を整えて出来上がり。

   なるたけあっさり菜味を目指します。


  20150226おかず3

   今日はまた、いつもお菓子を下さるお母さんからの差し入れです。

   またまたおいしそうです。

  20150226おかず1

  20150226おあず2

   クッキーは口の中にポロポロととけていきました。

   上手ですよね。

   
   この時期はいろんな意味で不安になりやすい季節です。

   そんなときは私はこの分を読んで心を落ち着けます。

   正受老人という禅宗のお坊さんの言葉です。

   ”或る人の咄に「吾れ世の人の云うに『一日暮らしといふを工夫せしより、精神すこやかにして又養生の要を得たり』と。如何となれば一日は千年万歳の初なれば、一日よく暮らすほどのつとめをせば、其の日過ぐるなり。それを翌日はどうしてかうしてと、又あひても無き事を苦にして、しかも翌日に呑まれ、其の日怠りがちなり。つひに朝夕に至れば、又翌日を工夫すれば全體にもちこして、今日の無きものに思ふゆゑ、心氣を遠きにおろそかにしそろ也。兎角翌日の事は命の程も覚束なしと云ふものの、今日のすぎはひを粗末にせよと云ふではなし。今日一日暮す時の勤めをはげみつとむべし。如何程の苦しみにても、一日と思へば堪へ易し。楽しみも亦、一日と思へばふけることもあるまじ。愚かなる者の、親に孝行せぬも、長いと思ふ故也。一日一日を思へば退屈はあるまじ。一日一日とつとむれば、百年千年もつとめやすし。何卒一生と思ふからたいそうなり。一生とは永い事と思へど、後の事やら翌日の事やら、一年乃至百年千年の事やら知る人あるまじ。死を限りと思へば、一生にはだまされやすし。」と。一大事と申すは、今日只今の心也。それをおろそかにして翌日あることなし。総ての人に.遠き事を思ひて謀ることあれども、的面の今を失うに心づかず。”

  引用なのでやや読みずらいかもしれませんが、要は人生は今日一日だけと考えて

  今だけに集中することを言ってます。

  するのは難しいことなんですが、でも、これを読んだら将来の不安に目を向けずに、

  ただひたすらに今に集中できるような気がしてます。
  


スポンサーサイト

テーマ : 食生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒルトップ唐原

Author:ヒルトップ唐原
管理人の年齢不詳 おっこです。
おおざっぱで面倒くさがり、すぐにへこむ私ですが、
日々下宿生に支えられて奮闘中です。
笑い?と涙?の生活の様子を楽しんでいってください。
 
下宿に関してお気軽にお問い合わせください。
TEL 092-201-5636
コメントもリンクも大歓迎です。

お客様訪問数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR